太陽光発電 事業

世界の太陽光発電に関する取り組み

太陽光発電システムに関する政策を日本と諸外国で比較してみました。

 

世界的に注目を集める太陽光発電。電力を生み出す媒質が環境に及ぼす影響が一番低い電力エネルギーと言われています。

 

メリット、デメリットを踏まえて太陽光発電への取り組みが国際的に重要視されています。

太陽光発電 各国の対応による差

各国の太陽光発電の設置量を比較すると2004年まではわが国が首位でした。2005年以降、ドイツやスペインが日本を抜く結果になっています。

 

順位が下がった理由を他国と比較すると、ドイツやスペインの国策と深く関係があります。ドイツ、スペイン等欧州諸国では固定価格買取制度が使用され、再生エネルギーの普及を推進することで地球温暖化、環境汚染対策に国が助成金を出すなどして政策に取り組んでいます。

 

ここで注目すべきなのが、わが国でも他国と同様の制度が採用されており長い間、トップの生産量だった訳ですが2005年に補助金が打ち切られることで他国に抜かれる結果になったのです。

 

但し、2009年に詳細な内容変更はありましたが電気の買取制度の採用を復活させました。一般家庭に広く普及するようにKwあたり48円の買い取り価格が10年間の設定がなされ、太陽光発電システムを販売しているメーカーもこぞってテレビコマーシャルも打ち出していましたので、ご覧になった方も多くいらっしゃると思います。

 

欧州では、再生エネルギーの普及に力を入れるばかり、太陽光パネルの供給が過剰になったり、買い取り価格を引き下げることで生産量が著しく減るなど課題は残されています。これだけで比較は難しいですが日本でも同じような社会現象が起きない政策審議が現在もすすめられています。

 

東日本大震災以降、日本では原子力発電所の停止、廃炉に関し世論の高まりがあり、輸入化石燃料の輸入増による貿易赤字、円安による更なる輸入価格の増加なども予測され、早急で、安全安価なエネルギー対策が待たれます。

太陽光発電 | 世界の取り組みへの現状比較と課題関連ページ

太陽光発電 比較 | 各国の太陽光発電を使った取り組み
太陽光発電の比較に関連する事柄
太陽光発電 | 環境による太陽光発電量の比較
太陽光発電の環境による比較
太陽光発電 比較 | 自治体による太陽光発電への取り組み比較
太陽光発電のいろいろな比較に関連する事柄
太陽光発電システムの比較
太陽光発電システムの比較に関連する事柄