太陽光発電 事業

太陽光発電が途上国で生命のパイプラインを担う

 

太陽光発電に関する比較調査を子供たちにもわかりやすく説明しているサイトを見つけましたので、その内容を簡単にご紹介いたします。新聞やニュースでよくご覧になるトピックも根底にはこんな理由があると理解し比較しながら見ると分かりやすいかもしれません。

 

森林の伐採等の理由で地球温暖化が広がってきています。それに伴い、砂漠が増えたり、温度が上がるので南極の氷が解けだしているのが現状です。気温の上昇は異常気象や台風の発生率が増加すると言われています。

 

環境を守る為にも、太陽光発電が注目されています。太陽の光がある限り資源に困ることなく、公害物質を排出する心配もありません。

 

太陽光発電の需要が増え進化をしていますが、実は1954年にアメリカで太陽電池が開発されたのが始まりだそうです。以前と比較すると発電効率や構造も飛躍的に性能が上がっているのは間違いありません。

 

現在、太陽光発電は世界各国で使用されています。中でも、発展途上国での利便性ははかりしれません。ケニアでは日照り続きで農作物が育ちにくい為、給水ポンプに太陽光発電を取り付け、人工的に水を散布できるようになり乾燥した場所でも農作物を育てられるようになりました。

 

また、発電所がない小さな島でも太陽光発電を導入すると夜も病院で診察を受けられたり、冷蔵庫が使用できるたり以前と比較すると病人が激減したそうです。
この様に、環境問題もさることながら途上国において太陽光発電は生命のパイプラインを担う力を発揮しています。

太陽光発電 比較 | 各国の太陽光発電を使った取り組み関連ページ

太陽光発電 | 世界の取り組みへの現状比較と課題
太陽光発電の世界的比較と課題に関連する事柄
太陽光発電 | 環境による太陽光発電量の比較
太陽光発電の環境による比較
太陽光発電 比較 | 自治体による太陽光発電への取り組み比較
太陽光発電のいろいろな比較に関連する事柄
太陽光発電システムの比較
太陽光発電システムの比較に関連する事柄