太陽光発電 融資

太陽光発電 個人対象融資の利用

 

太陽光発電システムを導入する際に企業が融資利用するように、
個人レベルでも太陽光パネルの設置に公の融資が受けられる場合があります。住宅改良費用として、太陽光発電導入用の融資や貸し付けが設けられている自治体があります。

 

年々数を増やしている段階ではありますが日本全国すべての都道府県ではなく、限られた自治体のみですので、太陽光発電導入の融資についてはお住いの自治体、もしくは自治体のサイト等にて確認されることをお勧めいたします。

 

融資額は

各自治体によって条件は変わってくるのですが、融資額は上限額が150万円から500万円くらいまであり、返却期間は10年以内が一般的なようです。現在では、自宅で使用する電力以上の電力が蓄えられた場合は、電力の買い取り制度もございます。また、停電などの問題が発生した場合も自宅に太陽光発電システムが設置されていれば、日中であれば電力が復旧するのを待つ時間も必要なく大変便利です。

 

 

融資を受け先行投資

融資を受け、先行投資として一度、太陽光発電システムを設置すれば電気料金を抑えることと余剰電力の売電利益の発生で一般家庭でも企業のような事業利益を生み出すことが可能です。

 

初期の設備設置にかかる費用は、安い買い物ではありませんが、融資や補助金を上手く利用して設置することでそれぞれの負担を減らし、且つ効率よくエネルギーを生み出す設置や自らの節電により、環境問題にも貢献できるだけでなく、家計のメリットを考える上でも良い投資といえるでしょう。

太陽光発電 融資 個人レベル関連ページ

太陽光発電 融資に関する情報と注意
太陽光発電への融資に関連する事柄
太陽光発電 融資 小規模発電設備
太陽光発電への融資に関連する事柄、小規模発電