太陽光発電計画

太陽光発電事業を地域活性化に役立てる

太陽光発電事業を地域活性化に役立てる

太陽光発電に関する計画が発表されていましたのでご紹介いたします。

福島県南相馬市では、太陽光発電の部品を生産する企業と約定し同県内で年間10万キロワット程ある太陽光発電システム用のパネルを製造することを公表しました。合わせて植物工場も併設し野菜の生産にも乗り出します。

この計画で、福島県の200人以上の地元雇用も念頭に置かれ地域活性化につながると言われているそうです。太陽光パネルの製造量を家庭用で比較すると2万5000千帯分が作られる計画だそうです。

こちらの施設にも太陽光発電は利用され、見学会や展示を行います。また、福島産業復興企業地補助金を利用して拡大を図るとのことです。

太陽光発電関連生産会社は、上海に作業場を持ち、韓国では太陽光発電の事業展開をするメーカですが、福島県に設立が完了と同時に本拠地を南相馬市に移動するとのことです。

今回は、建設中の太陽光発電所に地元の子供らを対象にしたグリーンアカデミーなる体験学習が開始予定です。震災復興事業を通してエネルギーへ関心を持ってもらい、復興に取り組む方法や改善策を提案していくようです。今後もキッズ向けの太陽光発電や植物工場で職業体験ができる施設や体験学習ツアーが計画されています。

植物工場で作られた食物は、食品スーパーが全て買い入れ周辺の同社店舗で販売をする見込みです。

市長は「原発と相いれない形で、産業再生に取り組む。市民が働きたくなる気運を醸成したい」と語っていました。

※市長話毎日新聞より引用

太陽光発電計画 | 福島県南相馬市での太陽光発電計画関連ページ

太陽光発電 情報 | 福井県メガソーラー計画
太陽光発電事業に関連する情報をいろいろな角度から発信するサイト
太陽光発電情報 | 東京都の太陽光発電政策
太陽光発電事業に関連する情報東京都の場合
太陽光発電 | 様々な業種企業の参戦
太陽光発電事業に関連する情報をいろいろな角度から発信するサイト