太陽光発電 情報

太陽光発電設置プロジェクト 福井県白方町

産業廃棄物処理公社が太陽光発電設置プロジェクトを発表しました。

 

太陽光発電の事業用としてのプロジェクトが始動したとニュースが発表されていました。福井県白方町にある県産業廃棄物処理公社が太陽光発電所を設置すると発表したのです。県内で事業用として有償で太陽光発電プロジェクトに参加できる企業を募集するとのことです。

 

国や自治体と民間企業が合同で太陽光発電所を設立するのは、近年日本全国で広がっています。今回の処置も太陽光発電を利用し再生可能エネルギーの普及がコンセプトとして上げられているようです。電力の出力は500キロワットレベルを目標にしているとのことです。

 

これまで、処分地は無害化を図る為一般の土地利用が可能になるまで30年から40年の管理が絶対であり管理期間中は利用を制限され使用法がなかったそうですが、昨年の固定買取制度を封切に今回の活用が決まったそうなのです。

 

事業用で太陽光発電に参加してくれる企業には、太陽光システムの設置や管理と運営の他に県内での環境問題への学習や近隣の防災に貢献することになるようです。これらの計画でエネルギーを自給できることや、雇用が増えると言う社会的メリットも含まれています。

 

広大な土地を利用して、メガソーラーを全国的に増やすことでエネルギーの生産と消費のバランスが取れるようになれば環境問題の解決にもつながると考えられます。それには、事業用レベルの太陽光発電は不可欠とされています。

 

現地では、今から公募をして審査が始まり今年3月を目途に事業者を決定すると発表されていました。更に、今回この試みが成功すれば同県内の他の埋め立て地を提供し太陽光発電が増加できるような体制をとっていきたいと表明していたようです。

太陽光発電 情報 | 福井県メガソーラー計画関連ページ

太陽光発電計画 | 福島県南相馬市での太陽光発電計画
太陽光発電事業に関連する情報をいろいろな角度から発信するサイト福島県南相馬市の企業場合の
太陽光発電情報 | 東京都の太陽光発電政策
太陽光発電事業に関連する情報東京都の場合
太陽光発電 | 様々な業種企業の参戦
太陽光発電事業に関連する情報をいろいろな角度から発信するサイト