太陽光発電事業のリスク

太陽光発電事業のリスク 天災

太陽光発電を事業として行う場合、リスクとして天災があります。

太陽光発電システムに対して一般的に考えられる天災には
事業用、個人用問わずしっかりとした対策が取られています。自然災害は突然起こり、とめることはできません。

リスク 自然災害

リスクとして自然被害で考えられるのが落雷や地震、積雪、台風が上げられます。

電力系統のシステムを屋根や、架台に取り付けるのですから、雷が鳴った時はひやひやするかもしれません。
誘導電で高圧電流が流れ電気系統が不具合を起こす可能性も考えられます。

台風対策はJIS規格のもと、強度が保てるような設計が施されているとされています。

地震、積雪については地域や場所また屋根に取り付ける際の母体となる家や建造物に依存してきますが、これらは、各メーカーに相談することで場所に合った適切な太陽光発電を設置することができるはずです。

雹被害も同様にJIS規格で、鋼材でできた球で何度も落下テストが行われ、固く重い物質にも耐えられる強度の高いパネルが使用されています。傷付くことは極めて低いようです。

この様に、太陽光発電に重要なパネルや機器には災害による被害を防げるように設計がされているようです。

現段階で太陽光発電に対し、各種自然災害がダイレクトに直撃したという話はあまり聞いたことがありませが、固定額での買い取り期間20年間の長い間に、必ずないとは言い切れません。

現在、太陽光発電設備に関しては、津波と地震以外のものには保障が効く保険が発売されています。

太陽光発電設備の設置時にパネルなどについている保障もありますが、
製造元がなくなってしまったりすることまで太陽光発電事業を行ううえでのリスクと考えたとき、保安設備や、保険といったリスク管理は避けて通ることのできないものです。

太陽光発電事業のリスクを考えた保険の加入

 

現在、太陽光発電設備に関しては、津波と地震以外のものには保障が効く保険が発売されています。

 

太陽光発電設備の設置時にパネルなどについている保障もありますが、
製造元がなくなってしまったりすることまで太陽光発電事業を行ううえでのリスクと考えたとき、保安設備への投資や、保険加入といったリスク管理は避けて通ることのできないものです。