太陽光発電 税金

太陽光発電とグリーン投資減税について。

事業用として太陽光発電を導入された場合、グリーン投資減税を受けられます。
内容は、省エネや地球温暖化の要因となる二酸化炭素の放出を防ぐための設備、再生エネルギーを作成するべく装置への投資を支援する為の制度です。

太陽光発電を含む減税対象設備を新規で購入され、1年以内に事業用に提供された場合に減価償却資産の特別償却ができます。こちらの制度は青色申告をしている中小の事業用、個人用が対象になります。また、対象期間が平成26年3月31日までに太陽光発電の機材が設置完了していることが条件となります。

この制度が活用できた場合、課税が約3分の2に下げられる計算になるそうです。事業用として太陽光発電利用を計画されていらっしゃる方々にはぜひお役立て頂きたい制度の1つです。

詳細にいては、資源エネルギー庁のサイトでご覧ください。
太陽光発電用の設備を購入する際には、購入元でシュミレーションして概算をだしてくれるところがほとんどです。また、税理士の方にご相談されるのも既存の事業との兼ね合いの中で、必要になってくるでしょう。

グリーン投資減税の趣旨

 

グリーン投資減税の創立の趣旨は、二酸化炭素排出が低い電力生産の拡大と普及です。更に、省エネにより環境エネルギー産業の充実化を図り、世界でも一歩リードする社会の構築を目的として創設されているということです。

 

太陽光発電を始め再生可能エネルギーがより一層社会へ浸透し、家庭や、事業で設置がされるようになり、経済効果も見込めるでしょう。

 

ここでもこれからの未来に対するエネルギー政策において政府の対応が大きく影響を及ぼすこととなりそうです。

 

 

 

太陽光発電 税金関連ページ

太陽光発電 税金 | 太陽光発電に税金がかかる可能性があります
太陽光発電に関連する税金などの事柄
太陽光発電にかかる税金
太陽光発電に関連する税金などの事柄