太陽光発電 税金

太陽光発電にかかる税金

太陽光発電で得た収入は税金がかかる可能性があります。

太陽光発電を使用し発生した電力を自宅で使用できる他に、余った電力を電力会社が買い取ってくれる制度があるからです。

その制度を踏まえて税金が発生するケースをご説明いたします。

太陽光発電所得への課税

一般的に年間を通して発電の2割が自宅用、8割が余剰電力になると言われています。その8割分を売電することで収益がでるのです。
但し、取り付けたソーラーシステムの面積や発電出来る容量によって余剰電力の率は変わってきますので、数値の詳細はお客様によって違います。


売買した電力の金額全てが税金対象とされるのではありません。
ソーラーシステム導入の際には、設置費用がかかります。その必要経費が収入から引かれた分が税金になるのです。売却した電力から経費を引いた金額を雑所得と呼びます。税金については、お住いの市町村の職員によって調査をした後に決定するようです。


雑所得は課税されるとお話いたしましたが、一般家庭で給与プラス電力を売った金額以外に収入がなく、減価償却費を引いた金額が年間20万円以内であれば、税金対象ではありませんので確定申告等も必要ございません。通常の個人宅に取り付けた太陽光発電システムで課税対象になるケースは極めて低いようです。


税金についての詳しい内容は税務署等の専門家にご相談ください。また、本内容は一般家庭や個人利用者の場合に限りますので事業展開されている方はご注意下さい。



太陽光発電 税金 | 太陽光発電に税金がかかる可能性があります関連ページ

太陽光発電 税金
太陽光発電に関連する税金などの事柄
太陽光発電にかかる税金
太陽光発電に関連する税金などの事柄